インフォメーション詳細
2020/11/19 令和3年度適用「Web版自社用賃金テーブル作成シミュレーター」をリリースしました
令和3年度適用*の「Web版   自社用賃金テーブル作成シミュレーター」をリリースしました(会員限定・無料)。
*令和2年(2020年)10月21日付、職業安定局長通達の情報・データに基づき作成

Web版   自社用賃金テーブル作成シミュレーター

2020年4月施行の同一労働同一賃金法(パートタイム・有期雇用労働法、派遣法)において、派遣社員の賃金の決定方法について「派遣元労使協定方式」を選択される場合には、職種別・地域別の一般の労働者の賃金水準と同等以上の賃金テーブルを作成・適用する必要があります。
「Web版自社用賃金テーブル作成シミュレーター」では、「派遣元労使協定方式」による派遣社員の賃金テーブルをWeb上で作成でき、各社の職種別ランクモデルに基づいた、自社用賃金テーブルを作成することができます。

【ツールの特徴】
地域・職種に応じた基準賃金の自動計算が可能
「職種別ランクモデル」を参照することにより、職種やスキルを自社基準で自由に設定可能
*「職種別ランクモデル」とは、30種類以上の職種を4段階の職務スキルに分けた、当協会で作成したランク表のサンプルです。
計算結果をExcelファイルへ変換可能
「簡単操作マニュアル」をご用意

※このツールは協会会員の企業様であれば、無料何名様でもご利用いただけます。


日本人材派遣協会へのご入会をご検討の方はこちらをご参照ください。
  入会のご案内



①地域・職種に応じた基準賃金の自動計算が可能

Web画面の表示項目に沿って入力することで、「同種の業務に従事する一般労働者の平均的な賃金額」の計算を自動で行うことができます。



②「職種別ランクモデル」を参照することにより、職種やスキルを自社基準で自由に設定可能

派遣協会が独自に作成した職種別スキルランクモデルのサンプル、「職種別ランクモデル」を参照することができ、職種ごとに職務スキルをランク設定できます。



③計算結果をExcelファイルへ変換可能

作成した賃金テーブルは、Excelファイルで出力することができます。
あわせてご提供しております「CSV変換ツール」を使用することで、作成した賃金テーブルをExcelデータとして保存・印刷することができます。



④操作方法をわかりやすく説明したマニュアルをご用意



※本ツールは、令和2年(2020年)10月21日付、職業安定局長通達の情報・データに基づき作成しています。
令和元年(2019年)12月16日公表の特定最低賃金を適用しています。
令和2年(2020年)8月21日公表の令和2年度地域別最低賃金を適用しています。


※なお、本Web版シミュレーターリリースにともない、「Excel版チェックツール・シミュレーター」については、以下の取り扱いとなります。
・令和3年度に適用される局長通達に対応した「Excel版チェックツール・シミュレーター」は提供しておりません。Web版のみでの対応となります。



画面サンプル



自社用賃金テーブル作成の流れ



  派遣社員の同一労働同一賃金   ツールのご案内(派遣元労使協定方式)
※閲覧には会員サイトへのログインが必要です

  [特設ページ]派遣社員の同一労働同一賃金
※閲覧には会員サイトへのログインが必要です

  [当協会インフォメーション]労使協定方式「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準(令和3年度適用)」が公表されました





日本人材派遣協会へのご入会をご検討の方はこちらをご参照ください。
  入会のご案内



閉じる
ページのトップへ戻る