[株式会社パソナ]
きめ細かいキャリアカウンセリングでご自身の市場価値を知るきっかけに

株式会社パソナ 執行役員 営業総本部マスターズ事業部長 中田 光佐子氏

株式会社パソナ 執行役員 営業総本部マスターズ事業部長 中田 光佐子氏

1980年代から中高年の就労支援に取り組んでいます

「中高年やシニアの方への就労支援の歴史は古く、1980年からサービスを行っています。現在は、人材派遣の仕組みでは『マスターズ人材サービス』として、経験豊かな方々のご活躍をお手伝いしています。」(株式会社パソナ 執行役員 営業総本部マスターズ事業部長 中田 光佐子氏)。

人材派遣を中心に幅広く人材サービスを展開する株式会社パソナ。42年前の設立当初に派遣社員として活躍していた方たちも、いまではシニア世代に突入しています。年齢に関係なく働きたい方々が働けるインフラの整備は、昔から同社の重要テーマと位置付けています。

「定年を迎えた方たちに共通しているのは『社会とのつながりを持ち続けたい』というご希望です。仕事はその一つの手段です。社会貢献や地域とのつながりなど、要望はさまざまですが、社会と関わることで満足感を得たいと考えている方がたくさんいらっしゃいます。『キャリア』だけでなく『ソーシャル』や『ライフ』も含めて、一人ひとりの豊かな生き方を支援しています」(中田氏)。

キャリアの棚卸で「自分らしさ」を知る

手厚いキャリアコンサルティングで定評のある同社。新たな登録者に対しては、複数回の面談・コンサルティングで「キャリアの棚卸し」を実施します。素晴らしい経歴を持っているにも関わらず、キャリアに関する不安を口にされる方が多いそうです。

「いまのシニア世代は、一つの企業での正社員経験が長く、転職経験のない方が多いですね。そのため、当社に来られるまでは『キャリアの棚卸』の機会やご経験もありません。これまでのご経験についてもっと詳しく教えてください、とお願いすることもしばしばです。また、ご自身の強みをどうアピールするかといったプレゼンテーションにも慣れていらっしゃらないです。キャリアカウンセリングを『人生を振り返る場』として活用いただくことで、ご自身の経験が持つ市場価値に気付いていただけると嬉しいですね」(中田氏)。

徹底したキャリアカウンセリングはマッチングの成功につながります。派遣先の思い描く人材像と、実際の業務との間には頻繁にギャップが生じます。「要望以上に高いスキル・経験が必要になりそうだ」、また逆に経験があるので「このお仕事ならフルタイムの必要はなさそうだ」このようなニーズに対してマスターズ人材を提案しています。

「求職者の望む仕事・働き方とお客様が望むパフォーマンス。コンサルティングを含め双方を調整しつつマッチングさせるのが、私たちの役割です。シニアの皆さんには、派遣はもちろん、転職や豊富な業界知識・人脈が活きる顧問での契約など、さまざまな選択肢を提供し、ご自身の可能性を広げていただきたい。パソナと関わることで将来への不安が少しでも軽くなり、心豊かな生活を送れる、そのような存在でありたいと考えています」(中田氏)。

また、資産形成や未病対策など、シニア層ならではの福利厚生サービスも拡充中とのこと。研修メニューも趣味・教養講座まで幅広く用意されています。シニアの「キャリア」「ライフ」どちらもサポートしたいという想いがカタチとなって現れていました。

株式会社パソナ 会社概要

本 社 東京都千代田区大手町2-6-2
設 立 1988年4月14日
代表者 代表取締役 代表取締役社長COO 佐藤 司
派遣事業領域 クラリカル、テクニカル、ITエンジニアリング、営業・販売職などのエキスパート派遣
派遣先企業の声
大手金融機関

マスターズ層の皆さんは、経験から得ている仕事の知識はもとより、何より仕事そのものに対する真摯な姿勢が素晴らしい。そういう姿は職場においても周囲のメンバーに非常に良い影響を与えてくれています。

派遣社員の声
男性・62歳

新しい会社で人事制度の導入に関わる仕事に就いています。若い社員の方も多いのでアドバイスをするケースが多くあります。今後、パソナのマスターズ向けの福利厚生サービスが更に充実すると聞いています。仕事以外の時間の使い方も充実させたいので楽しみにしています。

女性・58歳

30年勤務した会社を辞めて、先日初めてキャリアコンサルティングを受けました。自分の強みとなる経験を見出していただき、正直不安があったのですが、自信を持つことができました。

ページのトップへ戻る