[株式会社グレイス]
環境分野に特化した派遣でベテラン層に新たな活躍の場を提供しています

株式会社グレイス 人材ソリューション事業部部長 渡邉氏

株式会社グレイス 人材ソリューション事業部部長 渡邉 功氏

キャリアチェンジを望む中高齢者に活躍の場を

「研究所長の経験者、メーカーの環境・CSR責任者やベテランエンジニアなど経験豊富な方が定年後に派遣登録されることも増えてきました。セカンドキャリアとして派遣で環境ビジネスに関りたいという方が、年々増えていると感じています。」(株式会社グレイス 人材ソリューション事業部部長 渡邉 功氏)。

環境分野に特化した人材ビジネスを展開する株式会社グレイス。公害対策等が中心だった創業当時に比べると、環境ビジネスの範囲は劇的に拡大しました。環境保全をはじめ再生可能エネルギー、廃棄物やリサイクル、都市計画、健康・化学、企業のCSR活動に至るまで、幅広い分野で専門知識を有する人材が求められています。特にシンクタンクやコンサルティング会社など、公共政策の支援に関わる人材需要が高まっています。反面、環境分野の企業の多くが「ニッチな分野で専門スキルをもった人材になかなか出会えない」という悩みを抱えています。

「環境分野にはなじみがなかった人でも、技術的な背景がある方、官公庁での勤務経験がある方、国際業務やリサーチなどの経験者には活躍の場があります。環境ビジネスは国や自治体が発注する業務も多く、リサーチやデータ解析、公的文書作成補助などの業務が増えています。コンサルタントや官公庁勤務経験のある方はもちろん、メーカーの技術者として研究開発や各種の規制対応、海外先進事例調査をされていた方はリサーチアシスタントとして実際に派遣先でも高い評価を得ています。特に経験が活きる分野でもありますので中高齢層のベテラン社員の評価は大変高いですね」(渡邉氏)。

20年間の実績がマッチングに活きています

環境に対する興味・関心の高まり、法規制の拡大など社会の動きに伴って、環境ビジネスに従事したいという方は増加傾向。しかし、環境ビジネスを展開しているのはどのような会社か、どのような知識・経験が必要とされているかといった情報を得ることや、新たな知識を得ることはなかなか困難です。

「当社の営業担当は『マッチングディレクター』と呼ばれ、派遣先企業のニーズをつかみ最適な人材を提案し、その後のフォローまで一貫して担当します。派遣先企業とも深くかかわるだけに、マッチング精度の高さには定評があります。環境ビジネスに携わったことがないという方でも、意外なところに活躍の場があるもの。これまでのご経験を詳細にお聞きし『その経験はあのポジションにぴったりだ』となれば、ニーズが顕在化する前に派遣先へ提案するなど、積極的にマッチングを図っています。
また、取引先の協力を得て環境ビジネスが学べる各種講座『環境ビジネスに関わる法規制対応講座』、『専門技術・ツール習得講座』、理系でなくとも環境・科学・バイオなどの産業翻訳を身に付けられる『翻訳講座』など、知識・スキル不足を補える体制も整えています」(渡邉氏)。

20年間積み重ねてきた環境関連の知識がマッチングや求職者集めに活きているとのこと。同社の求人サイト「エコリク派遣」などを通じて現在2万6000名の登録があり、そのうち3000~4000名が経験豊富な中高齢者です。派遣先からは『高学歴・高スキル・高い専門性を備えた人材とのマッチングが叶う』と高く評価されています。

今後も新たな規制、新たな政策が予測される環境関連ビジネス。中高齢者も含め、理系出身者の活躍の場はさらに広がりそうです。

環境ビジネスへの就労から資格取得・スキルアップまでサポート。グレイスの求人サイト

「グリーン雇用」とはグレイスの提唱する働き方。働く人が環境問題への意識を持ち社会との関りを考えながら活き活きと働くことが、企業を、社会を変えていくという考え方です。

株式会社グレイス 会社概要

本 社 東京都千代田区麹町5丁目4番 セタニビル5階
設 立 1995年12月5日
代表者 代表取締役 安井 悦子
派遣事業領域 環境ビジネス(環境分析・生態系保全などの化学・生物系の技術者、再生可能エネルギー・CSR・サステナビリティに関するコンサルタントなど)
派遣社員の声
A氏(66歳 大手シンクタンクのリサーチアシスタントとして就業)

公的研究機関を定年退職後にリサーチアシスタントとして派遣就業を始めました。国内外の自動車の環境規制やEV等の最新技術動向調査を行う業務です。メーカー研究所へのヒアリング調査に同行させてもらうこともあります。各種規制の知識や調査スキルを活かすことができ、新たな業界で新鮮な気持ちで仕事ができています。

ページのトップへ戻る