インフォメーション詳細
2021/05/31 内閣官房「マイナンバーカードの積極的な取得と利活用の呼びかけについて」
マイナンバーカードで「健康保険証」が利用できることによって、企業の健康保険に係る事務のコスト縮減につながることが期待されていることなど、マイナンバーカードの取得は、企業・従業員にとっても、メリットがあるとのことから、政府は、マイナンバーカードの積極的な取得と利活用の促進を呼びかけいくとのことです。

また、コンビニでの各種証明書の取得やe-Taxによる確定申告等での利用、さらには今後、運転免許証との一体化も検討されているとのことです。

つきましては、「マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針」、「マイナンバーカードの健康保険証の利用」および「業界団体・個社の取組の好事例」について、公表されておりますので、ご案内いたします。


 マイナンバーカードの保険証利用について
 
 【リーフレット】

 「業界団体・個社におけるマイナンバーカード取得促進の取組に係る好事例」

※被保険者のマイナンバーについては、事業主が本人確認の措置(マイナンバー確認、身元(実存)確認)を行う必要があります。なお、被扶養者のマイナンバーについては、被保険者が本人確認の措置を行う必要があります。





閉じる
ページのトップへ戻る