派遣元責任者講習 FAQ

開催スケジュール・お申込みはこちら

よくあるご質問

カテゴリから探す

すべて開くすべて閉じる

講習全般

Q 1

主催団体によって講習の内容は違いますか?

A 1

講義内容は厚生労働省によって定められておりますので、どちらで受講されてもおおよそ同じです。
(講師・資料は団体によって異なっています)

関連リンク 派遣元責任者とは 講習の内容・受講にあたって

Q 1

受講するにあたっての要件(条件)はありますか?

A 1

ありません。
ただし、派遣元責任者を選任する際には要件があります。詳しくは関連リンクをご参照ください。

関連リンク 派遣元責任者とは

Q 1

受講すれば派遣事業ができますか?

A 1

できません。
派遣事業は厚生労働大臣の許可が必要です。派遣元責任者講習を受講することで派遣元責任者に選任される際に必要な「派遣元責任者講習受講証明書」が交付されます。許可を受けるためには派遣元責任者を選任し、管轄の都道府県労働局 に許可の申請をする必要があります。

関連リンク 派遣元責任者とは

関連FAQ 派遣元責任者の選任に関する要件の一つである「一定の雇用管理等の経験等」とは具体的にどのようなことですか?

Q 1

受講すれば派遣元責任者になれますか?

A 1

なれません。
受講することで派遣元責任者に選任される際に必要な「派遣元責任者講習受講証明書」が交付されます。 この写しをもって管轄の都道府県労働局 に申請をしてください。

関連リンク 派遣元責任者とは

関連FAQ 派遣元責任者の選任に関する要件の一つである「一定の雇用管理等の経験等」とは具体的にどのようなことですか?

Q 1

派遣元責任者の選任に関する「欠格事由」とは何ですか?

A 1

労働者派遣法(許可の欠格事由) 第6条の第1号から第9号(3号を除く)のいずれかに該当する者のことです。なお、事務所の許可要件には1号から13号までが該当します。
具体的には

  • (1)(2)労働者派遣法、労働基準法、職業安定法その他労働関係法の規定に違反し、又は刑法等の罪を犯したことにより、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過していない場合(法第6条第1号、第2号)
  • (3)心身の故障により労働者派遣事業を適正に行うことができない者(法第6条第3号)
  • (4)破産者で復権していない場合(法第6条第4号)
  • (5)労働者派遣事業の許可を取り消され、又は(旧)特定労働者派遣事業の廃止を命じられ、当該取消し又は命令の日から起算して5年を経過しない場合(法第6条第5号)
  • (6)労働者派遣事業の許可を取り消された者が法人である場合又は(旧)特定労働者派遣事業の廃止を命じられた者が法人である場合において、当該取消し又は命令の処分を受ける原因となった事項が発生した当時現に当該法人の役員であった者で、当該取消し又は命令の日から起算して5年を経過しないもの(法第6条第6号)
  • (7)労働者派遣事業の許可の取消し又は(旧)特定労働者派遣事業の廃止の命令の処分に係る行政手続法による通知(以下「聴聞の通知」という。)があった日から当該処分をする日又は処分をしないことを決定する日までの間に労働者派遣事業の廃止の届出をした者で、当該届出の日から起算して5年を経過しない場合(法第6条第7号)
  • (8)(7)の期間内に労働者派遣事業の廃止の届出又は(旧)特定労働者派遣事業の廃止の届出をした者が法人である場合において、(7)の聴聞の通知の日前60日以内に当該法人の役員であった者で、当該届出の日から起算して5年を経過しないもの(法第6条第8号)
  • (9)暴力団対策法に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(以下「暴力団員等」という。)(法第6条第9号)
  • (10)営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者で、その法定代理人が前(1)~(9)又は(11)~(13)のいずれかに該当する場合(法第6条第10号)
  • (11)法人で、その役員のうちに前各号のいずれかに該当する者がある場合(法第6条第11号)
  • (12)暴力団員等にその事業活動を支配されている場合(法第6条第12号)
  • (13)暴力団員等をその業務に従事させ、又はその業務の補助者として使用するおそれのある場合(法第6条第13号)

関連リンク 派遣元責任者とは

Q 1

派遣元責任者の選任に関する要件の一つである「一定の雇用管理等の経験等」とは
具体的にどのようなことですか?

A 1

雇用管理の経験について、次の(1)~(4)いずれかに該当する者であることです。

  • (1)成年に達した後、3年以上の雇用管理の経験を有する者
    この場合において、「雇用管理の経験」とは、人事又は労務の担当者(事業主(法人の場合はその役員)、支店長、工場長その他事業所の長等労働基準法第41条第2号の「監督若しくは管理の地位にある者」を含む。)であったと評価できること、又は労働者派遣事業における派遣労働者若しくは登録者等の労務の担当者(労働者派遣法施行前のいわゆる業務処理請負業における派遣的労働者の労務の担当者を含む。)であったことをいう。
  • (2)成年に達した後、職業安定行政又は労働基準行政に3年以上の経験を有する者
  • (3)成年に達した後、民営職業紹介事業の従事者として3年以上の経験を有する者
  • (4)成年に達した後、労働者供給事業の従事者として3年以上の経験を有する者

関連リンク 派遣元責任者とは

Q 1

公的資格ですか?

A 1

資格ではありません。受講することで派遣元責任者に選任される際に必要な「派遣元責任者講習受講証明書」が交付されます。

関連リンク 派遣元責任者とは

Q 1

東京に事業所がありますが、他府県の会場で受講してもよいですか?

A 1

どちらで受講されても構いません。

関連リンク 開催スケジュール

Q 1

受講期限の通知は届きますか?

A 1

受講後3年をむかえる方に再受講のご案内メールを送信します。ただし、「受講申込フォーム」にご記入いただいた内容に基づきメール配信しますのでメールアドレス他の情報はお申込時のデータとなります。

関連FAQ 有効期限はいつまで? 受講経験があるが、次はいつ受講すればよいですか?

Q 1

更新をしたい(派遣元責任者として選任されている方)

A 1

管轄の都道府県労働局 へのあらためての更新手続きは必要ありません(派遣元責任者の方が変更される場合は管轄の都道府県労働局 に届出が必要です)。
更新手続きは必要ありませんが、派遣元責任者に選任されている方は3年ごと(受講後3年以内)に再受講する必要があります(新たな受講証明書が発行されます)。
今現在、派遣元責任者に選任されていなければ再度受講する必要はありません。
また、現在は初めての受講も2回目以降の受講も同じ講習となります。
なお、事業所の許可を更新(新規3年・更新5年ごと)される場合には、受講後3年以内に発行された受講証明書が必要となります。詳しくは管轄の都道府県労働局 へご確認ください。

関連FAQ 有効期限はいつまでですか?

Q 1

受講経験があるが、次はいつ受講すればよいですか?

A 1

派遣元責任者に選任されている場合は3年ごとに受講してください。

関連FAQ 有効期限はいつまでですか?

Q 1

前回受講してから3年以上経過してしまったが、どうすればよいですか?

A 1

派遣元責任者に選任されている場合は直近のスケジュールにて速やかに受講してください。また、派遣事業許可申請や更新等に影響がある場合は、管轄の都道府県労働局 にお問い合わせ下さい。

関連FAQ 有効期限はいつまでですか?

受講料

Q 2

受講料はいくらですか?

A 2

1名様9,000円(税込)です。
当協会にご入会いただいている会員企業(グループ企業、関連企業は除く)の方は3,000円(税込)です。(2019年4月1日以降開催分より、当協会会員受講料が当分の間3,000円(税込)に変更となりました。
なお、いずれの場合もお振込み手数料はお申込み者にご負担いただいております。

関連リンク 会員会社検索 入会のご案内

関連FAQ 会員会社とは?

Q 2

受講料は課税対象ですか?

A 2

はい。税込み金額です。会員:税込3,000円(税抜2,727円) 非会員:税込9,000円(税抜8,182円)となります。

Q 2

受講料のお支払いはどうすればよいですか?

A 2

開催日の5営業日前(祝日を除く月~金)まで(5営業日をきってお申込の場合は即日)にお振込ください。振込先口座はお申込み完了と同時に配信される「お申込み確認メール」にてお知らせいたします。
お振込の確認をもってお申込みの確定とし、振込確認後10営業日から開催前日までに「受講票メール」をお送りします。

関連リンク お申込みから受講までの流れ

関連FAQ 振込期限を過ぎてしまった

Q 2

複数名分まとめて会社名義で支払いたい

A 2

お申込みの際、同じ会社名をご入力いただいていれば可能です。
なお、以下の場合は、受講者様とお振込みが紐付けられるよう「振込予定日」「お振込み名義」「受講日程と受講者名」を事前にお知らせください( または お問い合わせフォーム )。

  1. ・お申込み時に入力された会社名とお振込み名義が異なる場合
  2. ・同一の会社より、複数人をお申込みされた場合
  3. ・同一の会社より、複数会場にお申込みされた場合
  4. ・同一の会社より、複数回に分けて振り込む場合

Q 2

振込期限を過ぎてしまった

A 2

期限(開催5営業日前(祝日を除く月~金))を過ぎてもお振込の確認ができず、ご連絡が取れない場合、キャンセルさせていただくこともございますので、即日お振込いただくか、至急振込予定日をご連絡ください。
また、受講しない場合は必ず開催前日の17時までにキャンセル、もしくは日程変更のお手続きをして下さい。

関連リンク 申し込みの変更・キャンセル

Q 2

会員会社とは何ですか?

A 2

会員会社とは、「一般社団法人日本人材派遣協会」に入会されている企業様を示します(月額会費制)。
当協会会員のグループ企業および関連企業の方、または以前に当協会の派遣元責任者講習を受講された方は、会員の取扱いにはなりませんのでご注意ください。
会員・非会員の区分がご不明の場合は、当協会ホームページ内の 会員派遣会社検索 にてお調べください。

2019年4月1日以降開催分より、当協会会員受講料が当分の間3,000円(税込)に変更となりました。

関連リンク 会員会社検索 入会のご案内

Q 2

返金について

A 2

開催日の3営業日前12:00までに「お客様情報ページ」にてキャンセルされた場合、お振込いただいた受講料(ただし、振り込み手数料を差引いた額)を指定の口座に返金いたします。
また、開催日の3営業日前12:00以降から開催前日17:00までは、受講料からキャンセル料として3,000円を差し引かせていただいた額(ただし、振り込み手数料を差引いた額)を返金いたします。
それ以降は欠席扱いとなり受講料は返金いたしませんので何卒ご容赦ください。

※ご返金には申請が必要です。「取消確認メール」記載の『◆返金先口座入力フォーム』より返金申請を行って下さい。

申込み・変更・キャンセル

Q 3

申込み方法は?

A 3

当協会ホームページ内の開催スケジュールよりお申込みください。
電話・FAX・郵送物でのお申込みおよび開催当日のお申し込みは承っておりません。

関連リンク 開催スケジュール お申込みから受講までの流れ

Q 3

会員番号とは何ですか?

A 3

日本人材派遣協会に入会されている企業に付与している番号です。会員は月額会費をお支払いいただいておりますので、当協会会員のグループ企業および関連企業の方、または以前に当協会の派遣元責任者講習を受講された方も会員にはなりません。
非会員の場合は、「受講申込フォーム」の会員番号は空欄で結構です。

関連リンク 会員会社検索 入会のご案内

Q 3

お客様IDとは何ですか?

A 3

お申込み後に自動返信で届く「お申込み確認メール」の中の、受講者名の横に記載されている、0000から始まる10桁の数字です。お客様IDとパスワード(メールアドレス)を使用して「お客様情報ページ」にログインすることで、受講者様情報の確認、日程変更、キャンセルなどが行えます。

Q 3

入力する電話番号やメールアドレスは自宅?会社?

A 3

連絡先としてお伺いしておりますので、連絡可能なものをご入力ください。なお、連絡先や会社名は受講証明書へは記載されません。

Q 3

まとめて複数名申し込みたい

A 3

「受講お申込フォーム」の「ご受講者情報」記入欄に複数名ご入力することができます。

関連リンク お申込みから受講までの流れ

Q 3

登録内容を間違えてしまった

A 3

開催日の3営業日前(祝日を除く月~金)の12:00までであれば、「お申込み確認メール」内の「お客様情報ベージ」にログインをしていただき、ご自身でWeb上にて内容の変更が行えます。それ以降に変更をされる場合は、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )までご連絡下さい。

関連リンク お申込みから受講までの流れ 変更・キャンセルについて

Q 3

受講者を変更したい

A 3

開催日の3営業日前(祝日を除く月~金)の12:00までは、「お申込み確認メール」内の「お客様情報ベージ」にログインをしていただき、Web上にて内容の変更が行えます。それ以降はお客様情報ページでの変更が出来なくなりますので、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )へご連絡下さい。
また、当日受講者の変更をする場合は、既申込者の受講票をお持ちいただき、受付にて受講者変更のお手続きを行います。
なお変更が直前であった場合には、受講証明書を当日お渡しできませんが、後日お送りします。

関連リンク お申込みから受講までの流れ 変更・キャンセルについて

Q 3

受講日を変更したい

A 3

開催前日17:00までは、当協会主催の講習開催日への変更が可能です。変更ご希望の場合は、当協会事業推進グループ当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )までご連絡ください。
なお、キャンセル料がかかる期間(開催前3営業日(祝日を除く月~金)12:00以降から開催前日17:00)に変更され、その後にキャンセルされる場合は、キャンセル料3,000円がかかります。ご容赦ください。

関連リンク 変更・キャンセルについて

関連FAQ 返金について 申込みをキャンセルしたい

Q 3

申込みをキャンセルしたい

A 3

開催日の3営業日前12:00までは、「お申込み確認メール」内の「お客様情報ページ」へログインしていただき、Web上でキャンセルが可能ですが、開催日の3営業日前12:00以降から開催前日17:00の間にキャンセルされた場合は、キャンセル料が発生します。ご返金は、受講料からキャンセル料として3,000円を差し引かせていただいた残額(ただし、振込手数料を差引いた額)となります。
また、開催前日17:00以降は欠席扱いとなり、キャンセルできません。
なお、受講日の変更は開催前日17:00までできますので、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 電話:03-6744-4130 メール: または  お問い合わせフォーム )までご連絡ください。

関連リンク 変更・キャンセルについて

関連FAQ 返金について 受講日を変更したい 受講者を変更したい

Q 3

氏名に旧字・外字を使用している

A 3

受講者名は住民票の氏名と同じ標記でご入力ください。
その際、「髙」「﨑」などの機種依存文字(※)はOSにより認識されない場合がありますので、使用頻度の高い文字(「高」「崎」など)で申込み後、正確な文字を受講日の1週間前までに当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当  または  お問い合わせフォーム )までご連絡ください。

(※)特定のコンピュータやワープロの機種だけ表示される文字で、他の機種では何も表示されなかったり、文字化けする文字を指します。

関連FAQ 届いたメールの氏名が文字化けしている

キャンセル待ち

Q 4

キャンセル待ちに申込めば受講できますか?

A 4

必ずしも受講できるわけではありません。席が空いた場合のみ、順番に「出欠確認メール」を送信いたしますので、受講するか否かのお手続きをお願いします。
お手続きは「出欠確認メール」に記載のあります【問い合わせ確認ページ】にログインし、出席か取消かお手続き下さい。

関連FAQ キャンセル待ち申込後、席が空いた場合はどのように連絡が来ますか?また、その後の手続きを教えてください

Q 4

席が空いた場合、いつまでに連絡が来ますか?

A 4

キャンセル待ち申込後から開催前日の17時まで、席が空きましたら順番に随時メールでご案内致します。空きが出ない場合の連絡はございません。

関連FAQ キャンセル待ち申込後、席が空いた場合はどのように連絡が来ますか?また、その後の手続きを教えてください

Q 4

キャンセル待ち申込後、席が空いた場合はどのように連絡が来ますか?
また、その後の手続きを教えてください

A 4

席が空きますと「出欠確認メール」が配信されます。「出欠確認メール」でご案内させて頂く【問い合わせ確認ページ】にログインし、出席か取消かお手続き下さい。
出席の手続きをされると「お申込み確認メール」が配信されますので、メールの案内に従ってお手続き下さい。
なお、受講料は、開催日の5営業日前(祝日を除く月~金)まで(5営業日きっての場合は即日)にお振込ください。振込先口座はお申込み完了と同時に配信される「お申込み確認メール」にてお知らせいたします。お振込の確認をもってお申込みの確定とし、振込確認後日の10営業日後から開催前日までに受講票メールをお送りします。

関連リンク お申込みから受講までの流れ

関連FAQ 席が空いた場合、いつまでに連絡が来ますか?

Q 4

1人の受講者が複数の日程に申込むことはできますか?
(例:キャンセル待ちと別日程の通常受付、キャンセル待ちと別日程のキャンセル待ち等)

A 4

1人の受講者様が複数の日程に申し込むことは可能ですが、受講する日程が決まりましたら、受講しない日程を必ずキャンセルしてください。自動的にキャンセルされることはありません。
なお、すでに開催日が過ぎたものに関してはキャンセルの必要はございません。

Q 4

キャンセル待ちの順番を知りたい

A 4

キャンセル待ちにお申込後、「キャンセル待ち確認メール」が配信されますと本文にお申し込み時点の順番が記載されております。また、「キャンセル待ち確認メール」の本文にあるお客様情報ページURLからログインして頂くと、その時点での最新の順番が確認できます。

メール

Q 5

メールが届かない

A 5

フリーメール等を入力された場合や、セキュリティーを強化されている場合などは、迷惑メールとして扱われる場合があります。迷惑メールBOXもご確認ください。

  1. Yahoo!メールをご利用の方
  2. Gmailをご利用の方

携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の場合、以下のドメインを受信できるように設定してください。
@jassa.or.jp

また、メールアドレスの誤入力の可能性もありますので、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当  または  お問い合わせフォーム )までご連絡ください。

Q 5

届いたメールの氏名が文字化けしている

A 5

旧字や外字などの機種依存文字(※)を使用している場合、正しく表示できないことがあります。
お申込みのデータを確認いたしますので、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )までご連絡ください。

(※)特定のコンピュータやワープロの機種だけ表示される文字で、他の機種では何も表示されなかったり、文字化けする文字を指します。

Q 5

受講料を振り込んだが「受講票メール」が届かない

A 5

お振込確認後、10営業日~開催前日までに送信しております。10営業日を過ぎても届かない場合は、お振込名義と受講者様の情報が一致していない可能性がありますので当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )までご連絡ください。
また、フリーメール等を入力された場合や、セキュリティーを強化されている場合などは、迷惑メールとして扱われることがあります。迷惑メールBOXもご確認ください。

受講当日・本人確認

Q 6

講義は何時から何時までですか?

A 6

10:00~17:00(受付9:30~9:50)です。
終了時刻は若干前後する場合がありますので、帰路の交通機関は時間に余裕を持ってご予約ください。

関連リンク 講習の内容

Q 6

受講証明書はいつ受け取れますか?

A 6

すべての講義を不足なく受講された方に、講習当日の解散前(原則17:00前まで)にはお渡し致します。

※開催直前にお申込み・受講者変更をされた場合、証明書記載内容を修正された場合は、講習終了後1週間以内に宅急便にてお送り致します。

Q 6

遅刻した場合は?

A 6

遅刻は一切認められておりません。全ての講義を受講されていない方には受講証明書をお渡しすることができません。
ただし、公共交通機関の遅延による遅刻の場合は、遅延証明書を会場へお持ちいただくか、翌営業日9:00~17:00までにメール( または FAX 03-6744-4130)等で送信いただいた方に限り、当協会主催の別の開催日へ振替えることが出来ます。(受講料の返金はできません)
なお、公共の交通機関以外の遅延の場合は、いかなる理由であっても、受講日の振替・返金はできません。

関連リンク お申込みから受講までの流れ

Q 6

座席は指定ですか?

A 6

全席指定です。受講番号が座席番号となっております。
座席の変更はできませんので予めご了承ください。
ただし、やむを得ない事情がある場合には、必ず事前にご相談ください。

Q 6

何を持って行けばよいですか?

A 6

受付での本人確認のための身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの写真付きの公的証明書いずれか一点、ただし、写真付き身分証明書の準備ができないときは、健康保険証、年金手帳、住民票等の公的証明書いずれか一点)、「受講票メール」と筆記用具をお持ち下さい。講習で使用する資料は、会場でご用意しております。
なお、昼食は各自でお取りいただくようお願いします。

関連リンク お申込みから受講までの流れ

Q 6

講義中に中抜けできますか?

A 6

できません。
やむを得ず途中抜ける場合は職員にお申し出いただき、中座届をご記入ください。なお、受講時間の不足となるため受講証明書はお渡しできませんが、お戻り後の講義の受講は可能です。

Q 6

昼食について

A 6

お昼の休憩はおおむね11:50~12:50です。(進行状況により若干前後する場合もあります)
各自で会場周辺の飲食店等をご利用ください。

Q 6

欠席の場合

A 6

開催前日17時以降のキャンセルは欠席扱いとなります。また、受講料の返金、受講日変更はできません。

なお、公共交通機関の遅延・停止による欠席は、遅延を証明するものを講習当日もしくは翌営業日9:00~17:00までに、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当)へメール( または FAX 03-6744-4129)等で送信いただいた方に限り、当協会主催の別の開催日へ振替えることが出来ます。
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」による感染症 等(新型コロナウイルスも含む)に該当した場合は、医師の診断書、または診断のわかるもの(病院の領収書・明細書等)のコピーを講習当日もしくは翌営業日9:00~17:00までに、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当)へメール( または FAX 03-6744-4129)等で提出していただければ、当協会主催の別の開催日へ振替ることができます。

関連リンク キャンセルについて

関連FAQ 受講者を変更したい 受講日を変更したい 申し込みをキャンセルしたい

Q 6

駐車場は利用できますか?

A 6

駐車場の用意はございません。会場へは公共の交通機関をご利用の上お越しください。

Q 6

本人確認の身分証明書は何を持っていけばよいですか?

A 6

運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等の写真付きの公的証明書をいずれか一点お持ちください。
原則写真付きのもので確認をしますが、写真付きのものが準備できない場合は、健康保険証、年金手帳、住民票等の公的証明書をいずれか一点お持ちください。

申込管理

Q 7

申込担当者の登録はどうすればよいですか?

A 7

【方法1:申込担当者の登録のみを行う場合】
[1]「開催スケジュール」又は「受講申込フォーム」の「新規担当者登録」タブをクリック


[2]「申込担当者情報」フォームに必要事項を入力し「確認画面へ」進み「送信」

申込担当者の登録完了
登録完了後、申込担当者ログインして講習へお申込み頂くと、申込履歴の一括管理ができるようになります。


【方法2:受講申込時に申込担当者の登録を併せて行う場合】
[1]「受講申込フォーム」に必要事項を入力し「確認画面へ」ボタンをクリック


[2]「申込担当者登録のご案内」が表示されますので、パスワードを設定して「登録する」ボタンをクリックで完了

申込担当者の登録完了(引き続き受講申込みを行ってください。)

関連FAQ 申込履歴の一括管理について知りたい

Q 7

申込担当者が受講者情報を変更したい

A 7

[1]「開催スケジュール」又は「受講申込フォーム」の「ログイン」タブから申込管理にログイン


[2]「お申込情報管理」タブをクリックすると「申込履歴一覧」が表示されます

[3]該当受講者の「修正」ボタンをクリックし情報変更

関連FAQ 申込担当者の登録情報を変更したい

Q 7

申込担当者が受講者の申込会場を変更したい

A 7

[1]「開催スケジュール」又は「受講申込フォーム」の「ログイン」タブから申込管理にログイン


[2]「お申込情報管理」タブをクリックすると「申込履歴一覧」が表示されます

[3]該当受講者の「修正」ボタンをクリックし、「他会場選択」ボタンから申込会場を変更

関連FAQ 申込担当者の登録情報を変更したい

Q 7

申込担当者の登録情報を変更したい

A 7

[1]「開催スケジュール」又は「受講申込フォーム」の「ログイン」タブから申込管理にログイン


[2]「ご担当者情報管理」タブをクリックし登録情報を変更

※既にお申込みの受講者がいる場合、申込時にご入力いただいたご担当者の情報を変更した情報で上書きするか確認が入ります(開催日前の受講者に限り)。

関連FAQ 申込担当者の登録パスワードを忘れた

Q 7

申込担当者のパスワードを忘れた

A 7

[1]「開催スケジュール」又は「受講申込フォーム」の「ログイン」タブをクリック


[2]「パスワードをお忘れの場合」欄にご登録のメールアドレスを入力し送信ボタンをクリック

[3]ご登録のメールアドレスに送信された「申込担当者パスワード再設定のお知らせ」メールの再設定URLをクリックしパスワードを再設定してください。

関連FAQ 申込担当者の登録情報を変更したい

Q 7

申込履歴の一括管理について知りたい

A 7

「受講申込フォーム」で入力したデータを時系列に一覧管理することが可能です。受講履歴の把握や再受講(受講後3年以内に再受講が必要です)のタイミングを管理するのにご活用いただけます。
申込履歴の一括管理をするためには、あらかじめ申込担当者登録をし、ログインした上でお申込みいただく必要があります。
なお、申込担当者ログインをせずに申込した場合は、一覧管理に表示されません。一覧表示したい場合は、当協会事業推進グループ(派遣元責任者講習担当 または お問い合わせフォーム )までご連絡ください。

受講証明書(再発行)

Q 8

記載内容が間違っているので訂正して欲しい(開催日後)

A 8

当日、受講証明書をお受け取りになりましたら、必ずその場で氏名と生年月日が間違いないかご確認ください。受講証明書の記載内容(氏名表記・生年月日)は住民票と同一表記であることが必須とされています。氏名や生年月日の修正は、受講当日の会場でのみ承っております。
後日のお申し出は、いかなる理由でも一切お受けできません。

Q 8

受講証明書の再発行はできますか?

A 8

当協会主催の講習を3年以内に受講された方のみ再発行いたします。他の団体で受講された方は、受講された団体にお尋ねください。
当協会主催の講習を3年以内に受講された方は、下記『受講証明書再発行申請フォーム』より申請を行ってください。
なお、有料(送料・税込一枚3,000円(税抜2,727円)となります。

関連リンク 受講証明書再発行申請フォーム 開催スケジュール

Q 8

苗字が変わったので記載内容を変更したい

A 8

受講された当日の証明となりますので、変更は不要です。そのままご使用ください。受講証明書を再発行される場合も、受講当時ご登録いただいた氏名・生年月日での再発行となります。
また、平成18年10月以降の講習から受講証明書には氏名・生年月日のみの記載となりました。

Q 8

有効期限はいつまでですか?

A 8

有効期限という観念はありませんが、派遣元責任者として登録されている方は、3年ごとの受講となります。したがって、派遣元責任者を選任する際は受講日から3年以上経過した証明書は使用できませんのでご注意ください。

関連FAQ 更新をしたい(派遣元責任者として選任されている方) 受講期限の通知は届きますか? 受講経験があるが、次はいつ受講すればよいですか? 前回受講してから3年以上経過してしまったが、どうすればよいですか?

Q 8

受講した当時の勤務先を退職しているが、新しい勤務先で派遣元責任者に選任される場合、
証明書はそのまま使えますか?

A 8

受講証明書は、受講者個人に発行しているものですので、受講時の勤務先は問いません。受講証明書には勤務先名の記載はございませんので、受講後3年以内の証明書であれば使用可能です。受講証明書を勤務先に提出される場合等は、事前にコピーを取るなどして、保管することをお勧めします。

  • 派遣元責任者講習TOP スケジュール・申込
  • 申込方法と受講までの流れ
  • 変更・キャンセル
  • 講習の内容
  • 派遣元責任者とは
  • FAQ(よくあるご質問)
ページのトップへ戻る