オンライン講習について

ホーム オンライン講習について
オンライン講習
申込みはこちら

派遣元責任者講習 長年の実績オンライン派遣元責任者講習
開催中!

日本人材派遣協会(JASSA)は、労働者派遣法施行時(1986年)から、「派遣元責任者講習」を実施し、皆様の受講環境の向上に努めてまいりました。
2020年10月より、受講者の皆様がより安心・安全・快適にご受講できるよう、対面形式での講習に加えて、オンライン形式による「派遣元責任者講習」をスタートしました。ぜひご活用ください。

JASSA「オンライン派遣元責任者講習」の特徴

POINT1
受講証明書 即時交付
受講終了と同時に受講証明書をデジタル発行いたします。
受講後3年間いつでも何度でもダウンロード可能です。
POINT2
朝7時から受講可能
朝7:00~19:00の間に受講できるゆとりある時間設定です。
受講時間内は、ご自身の都合に合わせて視聴や休憩をすることが可能です。
講義動画の長さは全体で6時間15分です。
※7:00~11:00の間に視聴を開始してください。
※AIによる本人認証エラーが発生した場合は動画時間より長くかかりますので、ご注意ください。
※日本時間。海外からご受講の際には、時差にご注意ください。
POINT3
講義動画をアーカイブ配信
受講後も講義動画を視聴できます。
気になる法律の確認や日常業務の疑問解消にお役立てください。
POINT4
個人情報に配慮した本人認証
本人確認のために運転免許証、パスポート(日本発行のみ)、マイナンバーカードのいずれか1点をご登録いただきますが、本人確認後はすみやかにデータを消去します。
個人情報を継続して保有することはありませんので安心してご登録いただけます。
POINT5
PDF版テキスト
講習で使用するテキストはオンラインでの開催に合わせPDFでご提供いたします。
対面形式の講習で配布していた冊子版のテキストと同内容で、いつでもどこでもデータで確認できるようにしました。
POINT6
クレジット決済対応
受講費用のお支払いにはクレジットカードをご利用いただけます。
スムーズなご入金が可能となり、支払い手続きの負担が軽減されます。
なお、いままで通り、指定口座への銀行振込もご選択いただけます。

画面イメージ

本人認証画面

パソコンのカメラ(外付けWebカメラでも可能)で映した受講者様の顔が表示されます。この枠内で本人認証されないとエラーになり、動画が止まります。休憩など離席時は画面をクリックして一時停止してください。

動画視聴画面

受講画面上部では、PDF版テキストをそのまま投影して、講師が丁寧に説明する動画が視聴できます。

PDF版テキスト画面

受講画面下部には、PDF版テキスト全文を掲載しており、画面下部のPDF版テキストをご覧いただきながら視聴できます。

質問ボタン

パートごとの動画を見終わった後、PDF版テキストの下部に表示されますので、スクロールをしてご質問ください。

受講画面に関する注意
  • 受講中は画面下部PDF版テキストをご覧いただきながら視聴できますが、画面下部のPDF版テキストをクリックしますと、動画が一時停止します(一時停止しないようにするためにはマウス上部のホイールを回すことで回避できます)。
  • 受講中、動画が再生されているブラウザ以外(別タブ含む)を触る(アクティブにする)と一時停止します。
  • 一時停止や本人認証エラーなどで受講(動画の再生)を中断しますと、受講終了までに6時間15分以上かかります。法定講習のため、指定された動画を最後まで視聴する必要がありますので、時間に余裕をもってご受講ください。

オンライン講習を
受講するために必要なもの

カメラ付きパソコン(またはタブレット)

外付けWebカメラも使用可能です

インターネット通信環境

通信料は受講者様ご負担となります

身分証明書

運転免許証・マイナンバーカード・パスポート(日本発行のみ) いずれか1点

対応ブラウザ

Edge・Google Chrome・Firefox・Safari の最新版
(Safariは端末によっては一部視聴できない可能性があります。その場合は、Google Chromeにすると改善する場合があります。)
(Internet Explorerは対応しておりません)

推奨通信速度:5Mbps以上

上り(送信/アップロード)・下り(受信/ダウンロード)両方
通信速度を確認されたい場合はこちら

受講中の不正・禁止行為

以下の行為などは禁止いたします。
AIにより不正が検知されますと、発行後であっても受講証明書取消しとなり、厚生労働省に報告いたします。
  • 移動・停車に関わらず車内での受講
    (特に自ら運転しながらの受講は道路交通法違反[6か月以下の懲役または10万円以下の罰金]に該当します)
  • 歩行など自ら移動しながらの受講
    (他者との接触などの事故、Webカメラにプライバシー情報が映り込む恐れがあるため禁止します)
  • 入浴中などWebカメラにプライバシー情報が映り込むような状況での受講
  • 受講中の居眠り
  • 他人、自分の顔写真をWebカメラにかざすなどによる受講中のなりすまし
  • 受講と関係のない作業
    (やむを得ず作業を行う際は必ず一時停止をしてから作業してください)
  • 本来の視聴時間より短くする倍速機能の使用
  • 複数の端末を使用しての同時ログイン
    (受講時間が最初まで戻ることがあります)
  • スマートフォンでの受講
    (現時点では上記の禁止行為につながりやすいため禁止ですが、将来的に使用を認めることを検討します)
  • アプリによる受講中の背景の変更(ぼかし・バーチャル背景・単色背景等)
    (受講状況をAIが正しく認識しないため禁止します)