インフォメーション詳細
2020/01/10 (国税庁)消費税の納税資金の計画的積立て等に関するお願い
国税庁では、2019年10月に消費税率が引き上げられたことから、2020年1月以降の消費税の申告時においては、"想定よりも多くの税額※が発生し、納税資金が不足することが懸念されるため、「消費税率引上げ前後の留意点」「納税資金の積立ての必要性」や「便利な納付手段」などを取りまとめたリーフレットを作成しましたので、ご案内いたします。

※想定よりも多くの税額
税率の引上げ直後において、中間申告額は8%の税率で計算されていることから、確定申告では、10%の税率により計算された消費税額(年税額)と、の8%税率により計算された中間申告額との差額を納付する必要があります。税率引上げ直前の課税期間と同様の決算内容であった場合でも、確定申告時の納付額が増加しますので、中間申告が必要な方は特にご注意ください。



閉じる
ページのトップへ戻る