世界の派遣市場

2015年度の世界の派遣売上高(※)は、3,740億ユーロです。

※World Employment Confederationに加盟している世界50ヵ国の人材派遣事業及びManaged Services Provision(MSP:企業の派遣労働力計画の管理を行い、全体計画の作成・管理、供給会社の選定・管理、請求書の統合等を行う事業)の合計売上高

世界の派遣売上高

2015年度の国別派遣売上高では、アメリカが1,163億ユーロで世界1位、続いてイギリスが434億ユーロ、日本が377億ユーロで世界3位の売上規模となりました。

国別派遣売上高

人材サービス企業 世界トップ10(2016年)

人材サービス企業 世界トップ10

雇用者に占める派遣社員の割合推移

2015年の雇用者に占める派遣社員の割合(派遣浸透率)の世界平均と日本の派遣浸透率を比較すると、世界平均1.7%、日本2%となっています。

世界平均・日本の派遣浸透率の推移

2015年度の国別派遣浸透率では、イギリスが3.8%ともっとも高く、次いでオーストリア3.7%、ニュージーランド3.5%と派遣に対する規制が少ない国々の浸透率が高くなっています。日本の浸透率は2%で世界平均の1.7%よりやや高めとなっております。

国別派遣浸透率
ページのトップへ戻る